引越し

【引越し】家を綺麗に保つために入居前にやっておくこと【オススメ製品】【汚れ防止・防虫】

 

引っ越しをして、
これから住み始める新しい家は

「できるだけ綺麗に保ちたい」

と思いますよね。

 

今回は、家を綺麗に保つために入居前にやっておきたいこと・やっておくといいことを紹介します。

 

事前にやっておくことで、

・掃除が楽になる
・防虫対策ができる
・退去時の費用を抑える

などのメリットがあります。

 

ぜひ入居直前のチェックリストとして活用ください。

「汚れ防止」掃除を楽にするためにやっておくこと

靴箱の中にシートを敷いておく

まずは靴箱の棚にシートを敷いておきましょう。

棚に直接おかなくて良いので、汚れを防止できます。

シートが汚れたな、と思ったら交換すればOK

消臭効果があるものを選ぶのをおすすめします。

お風呂に防カビ剤をたく

お風呂に防カビ用のこちらをたきます。

これからの掃除を楽にするために、あらかじめカビ予防をしておくのはおすすめです。

このひと手間で、掃除の時短につながるのでおすすめです。

換気扇にフィルターを貼る

これは地味に大切です。

換気扇というのは汚れが結構溜まってから掃除すると、かなりの労力が必要になります。

キッチンやお風呂、トイレの換気扇にフィルターをしておきましょう。

トイレの換気扇は忘れがちですが、
トイレットペーバーを使うので紙から出る繊維が舞い上がって汚れが溜まりやすいです。

それぞれの場所に合わせてフイルターを購入して貼っておきましょう。

キッチンの棚(食器棚)にシートを敷く

次にやることは「キッチン周りの棚にシートを敷く」です。

食器、商品のストック、料理器具などをしまう棚は汚れやすいです。

更に高い位置や低い位置の棚は掃除も大変です。ここもシートを敷いておけば交換するだけでいいので後で楽をするためにも敷き詰めておきましょう。

キッチン周りは特に清潔に保っておきたいですよね。

防虫効果があるシートもあるので色々チェックしてにてくださいね。

コンロ周りにテーピングをしておく

ガンコな汚れが溜まりやすいコンロ周りも汚れ防止&掃除を楽にするために対策をしておきましょう。

コンロの縁にテーピングをしておくと、掃除が楽になります。

コンロの作りをみて、汚れが溜まりそうな細かい隙間に貼っておくのをおすすめします。

透明なものを貼っておくと意外と目立たないので見た目を害することもありません。

このテープめちゃくちゃオススメです。

大型家具・家電の下に傷防止シートを敷く

床の傷を防ぐために大型家具・家電の下にシートを敷いておきます。

万が一傷がいってしまうと退去時にお金が発生したり、模様替えした際に傷が見えて目立ったりする心配があると思います。

そうゆうことを未然に防ぐためにも敷いておくことをおすすめします。

また、耐震用のシート・ジェルを敷くのもおすすめです。本棚や背の高い家具は、災害時に倒れてくるのが怖いため、対策をしておきましょう。

 

「防虫」虫に遭遇しないためにやっておくこと

バルサンをたく

入居前はクリーニングなどされているとは思いますが、
できるだけ虫がいるかもしれないという不安を取り除いておきたいので、バルサンをたいておきます。

新築の家やマンションであるなら不要かと思いますが、これも入居前に一度やっておくといいでしょう。

引っ越し作業を終えて家具家電を持ち込んだ後だと、パソコンやゲーム機などの精密機械があるのでバルサンを炊く前に布をかけたり移動させたりしなくてはいけない手間がかかります。

定期的にバルサンを炊くならこれは毎回しなくてはいけないことですが、せっかく引っ越しまえに何もない状態で実施できるのでやっておくといいと思います。

バルサンまじで効きますから。

エアコンの排水ホールにキャップをする

エアコンの室外機についているホース。このホースは室内のエアコンと直通していて、実は虫が侵入できてしまいます。

この恐ろしいホースにキャップをつけておきましょう。

 

ちなみに、虫が入らないようにするだけでいいので網をホースに巻き付けてもいいです。

巻き付けられるサイズならなんでも良いので、キッチンの排水溝などに被せるネットでも代用できます。

ネットをくるくると巻き付けてマスキングテープなどで固定しておくと良いですよ。

おわりに

以上、引越し前に新居でやっておくことでした。

大切なのは、もうとにかく色んなところに「シートを敷き詰める」ということですね。

私も実践していますが、本当に掃除が楽になりますし、掃除のフットワークが軽くなります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。