【2020年】おススメのビジネス書の感想一覧【随時更新中】

 

こんにちは。

読書好きブロガー、90年と申します。

これは私が2020年に読んでおススメだなと思ったビジネス書の感想とメモを残していく記事です。

(今年の最後にはかなりの知的記事になってる(予定))

普段は感想をノートに書き留めてるんですが、

・何か面白そうな本はないかな?

・他の人はどんな本を読んでいるんだろう?

と思っている方に見ていただけたらなと、ブログにも残していくことにしました。

かなり好きなように書いていて走り書きに近いので見にくいかもしれません。

ですが、その分読んだものからリアルタイムにメモを残しています。

感想大切だなと思った要点フレーズ好きな部分をまとめています。

 

随時更新中

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

俺か俺以外かとゆう台詞に込められた意味に、はーなるほどと感心。

最初はなに言ってんねんって感じだったけど読み進めると独特の角度から自尊心を育てるフレーズばかりだと感じた。

好きなエピソードは、多忙の中で参加した大切な企画会議で居眠りをしてしまい、咄嗟の「寝てません。まぶたの裏を見てました」の一言でそこにいた人たちを笑わせ契約をとった話。

ピンチをチャンスに変えるユーモアの力についての話はとても面白かった。

本書で紹介されている彼の名言は、どれもパンチ力があり、遊び心が溢れている。

自分をしっかり持つ大切さが込められた本

マンガでよくわかるエッセンシャル思考

エッセンシャル思考についての要点をぎゅっとまとめて理解しやすくした漫画。

まずエッセンシャル思考とは何なんだとゆうところから入るには良い入門書だった。

ようは無駄を省き、大切にすべきことを見極めて集中してエネルギーを注ごうってこと。

作業量を最小限にしながら大きく成果を出す方法を学んだ。

PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

実はとても小さい会社だったピクサーのスタートアップから、大ヒット作を産んで世界一のアニメーション会社になるまで。

スティーブ・ジョブズと共に歩んだ著者が語る内容は、色んな角度から興味深い話が飛び出し、様々な人物と現場の雰囲気を感じさせてくれた。

トイ・ストーリーの誕生、ディズニーとの契約、そこに関係してくるお金や経営戦略の話に読む手が止まらない。

そしてお金の話だけではなく、そこにあるクリエイティブに対する情熱やピクサーへの愛に感動する。

彼が語るスティーブ・ジョブズ像も面白い。

破天荒だったとされているジョブズの意外な対応や、建設的な話し合いを重ねていたエピソードから、これまでの印象とは異なる彼の側面をみることができた。

そして、読み終わってみると著者のことがとても好きになった。淡々と語るエリート企業戦士かと思っていたら、実はとても情熱を持った人格者。

任務を遂行する冷静さと知識、手腕を持っていながら最後は人情を大切にする姿勢がかっこいい。

そして最後はスティーブ・ジョブズへの敬愛と、彼の一言でぽろっと泣いてしまった。

ダ・ヴィンチ・ノート

世界一高価な絵と本の作者である万能の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ

そのダヴィンチが書き残した膨大な原稿を分かりやすく解説し、その思考術をまとめた本。

様々な知識に精通していたダ・ヴィンチを人知を超えた超人のように感じていたけど、その思考や人格に触れることで彼がいかに素晴らしい人間であり、そして天才となった理由をきちんと知ることが出来た。

解剖とかしてると当時は黒魔術師扱いされたけど、それでも人類に貢献しようと人体についての研究を進めていたダヴィンチ。

そうゆう目の前の現実を自分の目でみて判断する姿勢。実にカッコイイ。

7のチャプターに分けられた内容はシンプルでかなり読みやすく、さすが超訳とついてるだけあった。

まんがで納得 ナポレオン・ヒル 思考は現実化する

成功者たちから学んだ思考法の要点を漫画と共にわかりやすくまとめた本。

思考こそが自分で完全にコントロールできるたったひとつのことであり、また天から与えられた特権であると本書では記してある。

そしてそのコントロール法を紹介し、自分の運命は自分で定められると断言している。

それに加えて行動すること。とにかくやってみることが大切で、熱意のある行動に熱意が宿るのだとゆう言葉はぐっときた。

何かをしたいために自分に対して言い訳を用意したら、思考はコントロールできなくなる。

大切なことを学んだ一冊

Webプロジェクトを成功に導く 戦略的SEO思考

SEOについて基礎的な部分が学べてとても参考になった。

まず必要な基礎知識や意識すべき点など全体的な考え方に加えて、とにかく正攻法でいこうよってゆうSEOの在り方が説かれている。

少し重複箇所が多いなと感じたけど、わかりやすい構成に具体例も記載されていて読みやすかった。

‪日本人とデザイン‬

本書では、「デザイン」とゆう言葉の本来の意味と可能性について書かれている。

デザインとは現状ある問題を解決し、未来を描くこと。‬

アートとデザインの違いを明確にし、すべてのビジネスパーソンへ向けてデザインすることの意義とデザイナーとして必要な武器について説明してある。

そして、デザインする上で大切なマインドを学ぶこともできた。

表面上でしか見えてないテーマで本当に課題が解決できるのか。

そして、人々が本当は何を求めているのか。

本質を浮き彫りにするための方法が詰まっていた。

 

 

 

本を読むたびに更新しているので、ちょいちょい覗きにしてくれると嬉しいです。

おススメの書籍一覧と読書メモも兼ねているので、通りすがりのプロの読書家の方がいれば、こんなんもオススメやでとか教えて欲しいです。

では、また更新します。

90年