Mac

【Sidecar】iPadをMacのサブディスプレイとして使う方法【作業効率化】【ミラーリング】

 

今回はmacOS Catalinaの機能、Sidecarを使用してiPadをMacのサブディスプレイにする方法をご紹介します。

接続方法がとっても簡単で便利なのでiPadを持っている方は是非活用してみてください。

接続方法

Sidecar使用するには、OSのバージョンに条件があります。

MacとiPadのOSを確認しながら進めてくださいね。既に実施済みの項目は飛ばしてください。

接続手順

① MacにmacOS Catalinaがインストールされていることを確認する
 Apple メニュー  >「システム環境設定」>「ソフトウェア・アップデート」からバージョンを確認

② iPadiPadOS 13以上がインストールされていることを確認する
 「設定」 >「一般」>「ソフトウェア・アップデート」からバージョンを確認

③ MacとiPadを同じAppleIDでサインインする

④ MacとiPadを同じWi-Fiに接続する

⑤ メニューバーのAirPlayボタンをタップして自分のiPadを選択する

 

これでiPadにMacの画面が表示されるようになります。

できないよ!AirPlayマークが表示されないよ!という方は、
下記のその他の条件をチェックしてみてください↓

表示されないときにチェックすること

ワイヤレスで使う場合

  • 両方のデバイスを 10 メートル以内に近づける
  • Bluetooth、Wi-Fi、Handoff を有効にしておく
  • iPad でモバイルデータ通信を共有していないこと
  • でインターネット接続を共有していないこと

USB接続で使う場合

  • Macを信頼するようにiPadを設定しておく

 

Sidecarの表示設定

サイドバーやタッチバーの表示位置など設定の変更ができます。

 

Apple メニュー  >「システム環境設定」を選択し、「Sidecar」をクリック

 

好みの設定にしてみてください。

 

以上、iPadとMacでデュアルディスプレイをする方法でした。

ではまた更新します。

90年