雑記

【日帰り旅】大阪→名古屋。東山動物園と名古屋港水族館に行ってきました。

 

1人でぶらり名古屋旅して来ました。

そのレポです。

結論から言って最高でした

誰ですか名古屋は何もないよって言った人!

めちゃくちゃ強いスポットがあるじゃないですか

 

 

今回は行ったのはこの2つ!

▶︎ 東山動物園
▶︎ 名古屋港水族館

どうやら東山動物園にイケメンゴリラがいるらしい……

どうやら名古屋水族館はあまり知られていないけどめちゃくちゃいいらしい……

そんな噂を聞きつけ行って参りました。

他にも聖地巡りとかしたかったんですが時間が無くて今回は断念。
次に訪れた際には、行けたらいいなと思います。

まず新大阪から新幹線に乗って名古屋へ

新幹線に乗ったのは11時半頃。

大阪と名古屋間は1時間かからないくらいなのでちょっと余裕こいて遅めのスタートでした。
意外と気軽に行けちゃいますね。

まずは名古屋駅に降り立ち、
はがないの場面に出てくるあの時計台を写真に収めました。1ミッション達成。

そして東山動物園へ向かうために地下鉄東山線へ乗り換え。

一旦外へ出て、案内看板に沿って駅へ向かいました。

緑色が目印。

そして
名古屋市営地下鉄 東山線・藤が丘行へ乗り、「東山公園」で下車。

20分ほどで到着します。

三番出口を出てまっすぐ歩くいていくとすぐに見えてきます。

入場料は500円とゆう安さでした。しかも中学生以下の入園料は無料

到着してまずは一番目当てのゴリラ・チンパンジー舎へ

そしてここでイケメンゴリラことシャバーニのかっこよさに衝撃をうけます。

舎に入る手前からガラス越しにその姿が見えて、
もうシルエットからしてかっこ良すぎて

(え?うそ、あれかな……?

(あれなの!?)

ってなりました。

舎に入ったら、ガラス越しでめちゃくちゃ近かったです。

イケメン……!!

写真じゃ伝えきれないかっこよさ。

ちょうど13:30は餌やりタイムだったので、
高い位置にある餌を取りに行くために綱渡りをする様子が見ることができました。

感激。

そしてもう一つの目的はヌマルネコ

ネットで見かけてからあまりの可愛さに一目見たいと常々思っていました。

実際にみても、とても可愛らしく、意外と小柄でした。

訪れた時には小雨が降っていて奥の方に潜むようにいたので、遠目から観察させてもらいました。

雨が当たって揺れる葉っぱを不思議そうに目で追っていました。
その姿がはちゃめちゃに可愛いかった

その後も広い園内を周ってお腹が空いたので、
ゾアシスというフードコートエリアで遅めのお昼ご飯を食べました。

食べたのは、台湾焼きませそば。美味しかった

気がついたら思ったより時間が立っていて、他のエリアを急いで回りました。

その他のたくさんの動物たちがいたので公式サイトでもチェックしてみてください。

次の目的地、名古屋港水族館へ向けて出発!

東山動物園から向かうには、まずは名古屋市営地下鉄 東山線・高畑行へ乗り「」駅へ
さらに名古屋市営地下鉄 名城線左回り・金山方面へ乗り換えて「名古屋港」駅

所要時間は40分くらいでした。

そして三番出口を出て徒歩5分ほどで到着。

ついてまず思ったのは、想像していたよりもとても建物が大きい!

そして目当てのイルカショーにギリギリ間に合い、見ることができました。

ここでもまた大感激。

ショーの会場である「スタジアム」がとても広い。

さらに巨大スクリーンが設置してあり、そこにライブビューはもちろんイルカたちの技のプレビューを映し出すという、めちゃくちゃいい演出でした。

複数頭による迫力あるジャンプシーンが見れます。

20分ほどのショーを堪能してから館内を回りました。

3階建ての建物は、北館と南館に分かれていて思っていた以上の充実度でした。

可愛らしい北極のシロイルカ(ベルーガ)や、とても近くで見ることができるペンギンたち、独自の進化を遂げた不思議な深海生物など様々な生き物を楽しむことができます。

そしてその他に謎の古代の潜水服という展示があり、これが結構ホラーな出で立ち。

潜水服の間から見え隠れする視線が、子供が見たらトラウマになるのではないかと思いました笑

あらかた回って満足したので、水族館をあとにしました。

そして休憩と寄り道をしながら名古屋駅へ。

新幹線に乗り、駅で買った味噌カツ串とビールで締めて旅は終了。

目的も果たせて、1人でのんびりと好きな時間だけ好きなものをみて、
贅沢な時間を過ごせました。

振り返ってみれば、調べ物以外はスマホもいじらず、自然とSNSも全く見なかったなぁと気づきました。

そうゆう部分もあってなんだかいつもと違う時間が過ごせたかなと思います。

また行きたいですね

ではまた更新します

90年